カテゴリー別アーカイブ: 未分類

首里城炎上

本日未明3時前ころに首里城本殿から出火。
建物の重要部分が焼失したようです。
ごく最近、書院等の周辺の建造物が完成して、工事も一段落でした。
昔の復元ということで、木造に漆での塗装という、たしかに火災には弱そうな建物でしたが。
まだメディアの情報が上がってきていない状況なので、対火災の設備等どうなっていたのかもわかりませんが、あまりにもあっけない…。
ウチナンチューにとっても、別に見学に行かないけど心の拠り所だったような場所なので、行政や管理機関は早急に対策をねってほしいものです。
こんな悲しい出来事が、繰り返さないような配慮も大切だとは思うのですが…

ところで、この首里城。できてから何回か全焼した記録があります。最近では第二次世界大戦で、ほぼ全壊状態だったようで、それから琉大の校舎に使われたり紆余曲折があり、結果再建されたわけですから、今回も頑張ってより素晴らしい形で再建してほしいです。

また、これにより首里での首里城祭も中止になりました。

新しいことがわかったら、また報告させていただきますね。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

宮古島(5)狩俣のサンピラー

今から8年ほど前に、宮古島の狩俣地区にある小さな七光湾に、森万里子さんというアーティストが企画したサンピラーが建てられました。
5メートル以上の高さのあるアクリル製の柱(決して大きく透明になったジャスタウエィ(銀魂参照)ではありません。)。
地域環境の保全と活性化を目指したものだそうで、これまた白くて大きなボール状のムーンストーンとセットで作成される予定でした。
当時は翌年にできそうな話でしたが未だに影もありませんし、いつまでに完成するという話も聞きません。
 宮古毎日新聞によると、総予算は約3億円で09年から予算調達のため国内外の各種団体などから寄付を募集。10年2月には資金調達のためアメリカで税制上優遇措置認定団体を、同年11月には宮古島市に「NPOガイア・アート協会」を設置。「ふるさとまちづくり応援基金」から522万円の補助金を拠出している。
ということで、かなり大きなお金が動いたような。
 うーん、なんだかなー。
これって完成しなかったら、誰が責任取るのでしょうか?アートは法律の枠外?

 ということで様子を見に行ってきましたが、看板はあるもののほとんど人が訪れた形跡もなく、単に宮古島北部の小さな湾の岩の上に乳白色のポールが立ってるだけ。
自然との違和感しかありませんでした。完成したら、何かあるのかなー???
 何はともあれ、地方に行くほど芸術という名前に弱いのは沖縄も例外ではないようです。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

宮古島(3)ヌドクビアブ(伊良部島の聖地)

ヌドクビアブ(伊良部島の聖地)

伊良部大橋から伊良部島に入ると、突き当り付近にきれいに区画整理されたエリアがあります。
結構な広さがあり、何箇所かは一区画まるごと森という場所も。
このあたりはまだまだ人間が文化的と言われる生活を始める前に、人々が住んでいた名残りのある場所で、人骨、貝殻その他研究家なら喜びそうなものが埋まっているようです。
大戦時には、この場所に兵隊さんが隠れていたとか。
ということで、ヌドクビアブは史跡に指定はされていますが、殆ど来る人の気配はありません。
なかなかのパワースポットということなので、行ってみることに。
もちろんG-MAPなんかにマークされているわけでもなく、とにかくあちこちしている間に入り口らしき場所に到着。

ヌドクビアブの説明版

でも、説明板はあっても通路が…緑に覆われて、よくわかりません。
一番可能性の有りそうな場所から、〇〇隊長みたいに緑をかき分けて侵入。
ヌドクビアブ入口
ヌドクビアブの階段と底からの写真
道らしきものは、足元を見るとなんとなく続いていて、やがて急斜面を降りると階段が。
でも、この階段一部が二、三段飛んでいたりで、こういうところにこそロープを…と思いましたが、考えたら観光客はほとんどこないものね。
でも、この周辺は確かにパワースポットと言われるだけのバイブレーションに満ちていることは確認できました。
行かれる方は、長袖長ズボンがおすすめです。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

宮古島に行って2 17エンドの海

下地島17エンド

下地島空港17エンド
旅客ターミナルとして開業予定のため、現在工事中の下地島空港。滑走路の突端に「17エンド」と呼ばれている場所があります。

宮古島の海はなんと言っても美しく透き通っているのですが、ここから見る海の色は格別。
もし、宮古ブルーという言葉が存在するならここの事だと確信を持って言えます。

伊良部大橋ができて、ここに来るのも便利になりました。
まだ行かれたことのない方は、是非寄ってみてください。
国内外を問わず、私が今まで見た海で一番美しい場所です。

下地島17エンド

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

さよなら都ホテル・ランチブッフェ

さよなら都ホテル・ランチブッフェ
 沖縄都ホテル、私的には縁のあるホテルで、沖縄に移住以来仕事や食事で行くことが多い場所でした。
それが今月22日で閉館。寂しいものがあります。
最上階に昔懐かしい回転するレストランが有り、そこの味が良かったというのが初めての利用。
今年の八月には外資系の企業、アコーホテルズがリニューアルオープンする予定だそうですが、はたしてどんな場所になるのか。
 
 最後の利用ということで、ランチブッフェに行ってきました。
各セクションのコックさんがレストラン内にオープンキッチンをしつらえてその場で調理。和は鯛づくしとお寿司と揚げたての天麩羅。イタリアンは二種類のパスタ、その他に魚介のフライ何種類かや豚肉料理などがいっぱい。
勿論デザートも満足以上で、同行した3人ともに満腹になって帰ってきました。
いままで貯めたホテルのポイントで支払いも格安!

多分最後の営業なんで、食材費の割合無視でサービスしてくれたと思います。
客層も外国人がほとんどいなくて、付近のウチナーンチュばっかりで、あちこちで閉店を惜しむ声が聞こえてきました。

スタッフの皆さん、40年以上の営業ご苦労さまでした。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

暑くても糸トンボ

昨日は季節外れな気温の高さで、下地島では観測開始以来の最高気温を更新したとか。
今日もたまにティーダアミーが降ったりしていますが、相変わらず真夏の暑さ。
南の海上では、海水温が高いので熱帯低気圧の雲がいっぱいできていて、この調子だと台風の可能性も…

沖縄の糸トンボ
ではありますが、職場の前にあるフラワーポットのアマリリスの葉っぱの所に、イトトンボが。
昨日から見かけたので、住み着いているのかも。
全長三センチくらいのかわいいやつです。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

遅ればせながら那覇の10割蕎麦

気にはしていたんですが、先日ハイアットリージェンシー向かいのお蕎麦屋さん、山楽に行ってきました。
勿論うちなーそばではなくて、蕎麦粉10割。
看板メニューの天ざるをいってみましたが、確かに日本蕎麦。
つなぎが入っていないのでしっかりと打っているので、固め。
良く言えば腰があるというのかな。
蕎麦の香りが立った良い感じでした。
個人的にはもう少し柔らかめで滑らかなのが良いけど、10割だったらこんな感じなのかな。
天ぷらの揚げ方も合格点。
さっぱちしたものが食べたいときには、お勧めできます。
食べログだったら★3~3.5くらいかと。お値段は1280円でした。
ちなみに経営はホテルだそうです。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

台風は気まぐれ

今年はもう沖縄には台風が来ないで終わりかと思っていたら、各機関の予報を裏切り18号は東寄りに進路を変えて本島も強風圏に巻き込みながら進んでいます。雨混じりの風も強くなってきました。
宮古は直撃で、被害も心配。
去年も大して接近しなかったし、沖縄=台風の公式も、そろそろ終わりにしてもいいのかも。

相変わらず沖縄には色んな問題が山積ですが、どれもマスコミを含めて時間とともに彩度が落ちてきている印象。
なんかなー。

明日から何日か連続で、最近の身近な話をアップしますね。

ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。