沖縄県内多数の自民議員が普天間県内移設容認に

沖縄県選出の自民党国会議員、県連も米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設容認へ公約違反。
党本部からの強いプレッシャーに屈した形で、選挙民との約束よりも自分の議席を大切にしたかたち。沖縄県民がそんな自民党候補に投票して国会に送り込んだのだから、実に県民としては恥ずかしい次第。
沖縄県民は何回も自民には手痛い目に合わされているのに、不甲斐ない民主への反動で投票した先を間違えたようです。
ただ、救いに感じるのは那覇市市長等のグループがこの決定に反対しているので、県連の総会でどうなるかはまだ不確定ではあるのですが、これでは琉球処分当時まで後戻りしたような。
言うまでも無く議員は県民や国民の負託で仕事をしているのですから、付託時の約束をたがえるということは、自分の政治生命を絶ったということが解らないのか…。
使い古された、「辺野古移設に反対すると普天間は固定化する。」という建前を小さな声で言ったところで、裏切りは裏切り。
仲井真知事は自民系ですから、これで埋め立て承認への道筋ができたということでしょうか。名護市長選前に結論出しそうだなー。

辺野古移設が決まっても順調に工事が進みそうになく普天間返還に結びつくかさえ未知数。知事でさえかねがね言っていた、何でそんなに順調に行くと思えない場所に移設したいのか、県民も、そして国民も考える必要がありそうです。
まあ、民意を裏切る政治は今までうまく行ったことが無いし、この先余計不透明になった気がします。

 不穏な法案が簡単に可決されて、その後には憲法改正も目論んでいる政権。
何回も言いますが、軍歌の響きがすぐそこまで来ているような気がするのは私だけでしょうか。
ブログランキングに参加中。クリック宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>